2002年、清水葉子(Vo/Gt)と郡島陽子(Dr/Vo)を中心に結成。数回のメンバーチェンジを経て、2006年に石島直和(Ba)と大月義隆(Gt)が加入し現在の4人編成となる。
2005年に初の流通単独音源となる1stミニアルバム「七色の記憶」をリリース。
清水、郡島の女性ツインボーカルが織りなすハーモニーと日本語の響きを重視した歌詞、70's歌謡曲にも通じる哀愁漂うメロディーラインで人気を集め、2008年にはSUM41、2010年にはPARAMOREの来日公演オープニングアクトを務めた。2010年、ミニアルバム「蒼-AOI-」にてSonyRecordsよりメジャーデビュー。2011年には初のシングル作品「ハルカカナタ」がテレビ東京系アニメ「BLEACH」エンディングテーマに、2012年には2ndシングル「カスケード」がテレビ東京系アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」エンディングテーマに抜擢されたことでも話題を呼んだ。
2013年、PIZZA OF DEATH RECORDS内レーベル内レーベルであるJunGrayRecordsに移籍。
2014年4月にJGR第一弾アーティストとして4thフルアルバム「アメジスト」をリリース。半年間に及び全40本の全国ツアー敢行。ライブ動員、CD売上共に前作を越え、完全復活を果たす。
2015年4月にはアメジストツアーファイナルである渋谷クアトロワンマン公演の映像を中心としたキャリア初となるDVDFilm of The Amethyst Tour 2014」をリリース。
「京都大作戦」「RUSH BALL」「イナズマロックフェス」等々の大型フェスにも出演。
自主企画「夢幻の宴」を不定期開催、アコースティックライブにも力を入れており、年に数本各地でのワンマンライブも行う傍ら、ボーカル清水葉子のソロ活動、楽曲提供やレコーディング、アレンジ、レッスン等多岐に渡る活動を展開中。
現在までに、フルアルバム4枚、ミニアルバム5枚、シングル2枚をリリース。
2017年には結成15周年を迎える。